狭小住宅の取り組み

限られた都市空間には、狭小敷地が多く存在します。
私たちが取り扱うのは、その余されたかのような土地です。
その小さな土地を活用した新築住宅分譲事業、それがneo projectです。

敷地いろいろ

狭小と言っても、様々な性格の土地があります。狭小敷地における建築は、その土地の可能性を探ることから始まります。

敷地いろいろ

敷地間口の狭い「うなぎの寝床」型の敷地。これは、単に細長いプランしか入らないだけではなく、建築する際の現場でも 大変な技術が求められます。小さな敷地では、足場を組み立てて人が作業する隙間すら設けることが出来ない場合があるのです。 設計者と職人の知恵を集結させねばなりません。

両面に道路が接する敷地。一見良さそうに思いますが、道路斜線の影響を受けやすく、高さの規制をいかにかいくぐるかが 最優先課題となります。

三角形や五角形などの変形敷地。狭小敷地に余すことの出来る面積は存在しません。敷地の形状に合わせた最適な住まい方を 追求する必要があります。

建物プランの検討

建物プランの検討は、neo projectのもっとも重要な工程です。 その敷地を高度に利用するためには、経験による正しい知識の裏付けが必要になります。株式会社クラスでは、狭小プランに 取り組んで来た豊富な実績があります。

3プラン
私たちの目指すもの

neo projectの始まりは、世田谷区上馬の敷地面積約9坪の「超」狭小敷地でした。建坪は5.5坪。さらに法律上高い建物が建てられない地域であったため、 高さへの柔軟性にも乏しい土地でした。土地付き一戸建てながらも、車庫が無く、建物の間口は1間半しかとれません。建売住宅としては、冒険とも思える取り組みでした。

しかし私たちは工夫を重ね、小さいながらも周辺の緑を取り入れた光溢れる住宅を完成させることができました。そして完成と同時に、敷地は小さくても可能性は無限にあることに気づきました。

狭小敷地ゆえの難題は多いですが、丹念に取り組んで行くことが、お客様の幸せへとつながります。 都心の余されたかのような土地に新たな命を吹き込むように。小さくても住む人が豊かな生活を営める、そんな住宅がneo projectシリーズの住宅です。